グセアルス展 パターン・シード~漂う未来模様~

このイベントは終了しています

2019年02月02日(土)〜2019年05月12日(日)

河川敷や海岸などに流れ着いた陶磁器のかけらを使って、新たな模様「washed pattern」を創作する2人組のアーティスト 「guse ars (グセアルス)」。当館の開館前には、プレイベントとして「washed pattern TAJIMI ~欠片から生まれる未来の模様~」(2015年)を開催いたしました。

今回の特別展「パターン・シード」では、グセアルスが生み出す模様(パターン)と、それぞれの模様の種子(シード)となった陶磁器片とを展示。さらに併設する形で近代の「笠原茶碗」や多治見市が所蔵する陶磁器片等を展示します。これは、タイル製造が始まる前の時代の多治見と、グセアルスの「未来の模様」をつなぐ試みです。「『シード』とは、それぞれの模様の子孫であり種子であり、陶片そのものでもある。種子が次の世代へ子孫を残していくように、陶片も未来に続く模様の子孫を繋いでいく。」と述べるグセアルス。過去の陶片と現在・未来の模様とタイルが行きかう不思議な時空間へお越しください。

日程
2019年2月2日(土)~5月12日(日)9時〜17時(入館は16時30分まで)
休み
月曜日(休日の場合は翌平日)
料金
一般300円 高校生以下無料
出展作家
グセアルス
(敬称略)
主催
多治見市モザイクタイルミュージアム
企画協力
guse ars
協力
多治見市美濃焼ミュージアム
後援
多治見市教育委員会
会場
多治見市モザイクタイルミュージアム
岐阜県多治見市笠原町2082-5
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク