宮脇檀 手が考える 
建築家・宮脇檀のドローイング展 巡回展 in 京都

2019年03月18日(月)〜2019年05月11日(土)

本展覧会は、一昨年の夏に東京都内で開催された「宮脇檀・手が考える」ドローイング展の巡回展です。京都展では、新たに、東京藝術大学卒業設計(1959年)とデザイン・サーベイで最初に手がけた倉敷の町並み調査(1966年)の原図を加え、代表的な住宅作品5点を模型にして展示します。宮脇檀の幅広い活動を通して、建築と町づくりに込めたその思いを伝えたいと思います。

日程
2019年3月18日(月)〜5月11日(土) 10時〜17時(入館は16時30分まで)
休み
日曜日、祝日、4月28日(日)〜5月6日(月)
料金
無料
主催
特定非営利活動法人 建築文化継承機構(JIA-KIT 建築アーカイブス)
共催
金沢工業大学
巡回特別共催
京都工芸繊維大学・京都工芸繊維大学美術工芸資料館
協力
宮脇檀建築研究室・宮脇 彩
後援
公益社団法人 日本建築家協会
一般社団法人 日本建築学会
会場
京都工芸繊維大学 美術工芸資料館
(京都市左京区松ヶ崎橋上町)
市営地下鉄「松ヶ崎」駅下車1番出口から右(東)へ約400m、四つ目の信号を右(南)へ約180m進む。 京都バス高野泉町駅下車、馬橋を渡り左へ約200m進む。
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク