地域材フェアトレーディングの仕組みを作ろう 額田の優良材活用社会実験報告会

このイベントは終了しています

2019年03月21日(木)

山主・林業者が自ら木材流通や価格決定の仕組みを学び、高品質な商品を製造し正当な価格で販売する。愛知県岡崎市額田地域で日本初となる地域材フェアトレーディングの仕組みづくりにチャレンジした試みの成果をもれなく披露します。この仕組みに参画したい・自分の地域にも導入したい林業関係者や製材所、工務店はぜひご参加ください。

日程
2019年3月21日(木・祝)13時〜16時
出演
第1部
社会実験の概要と報告
(一社)奏林舎 唐澤晋平/(有)ウッズ 中島彩/山主/製材所/工務店

第2部
新たな流通の仕組みづくりの意義
(有)ウッズ 能口秀一

優良材マッピング
NPO法人穂の国森林探偵事務所 高橋啓

山主アンケート結果報告
丹羽健司&森林文化アカデミー有志

第3部
全体ディスカッション

(敬称略)

主催
兄弟木の駅会議
共催
モリタナプロジェクト実行委員会
協力
愛知県西三河農林水産事務所 林務課
会場
額田センターこもれびかん 集会室
愛知県岡崎市樫山町字山ノ神21番地1
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク