シンポジウム「建築の公共性 —— 誰のためにつくるのか」

このイベントは終了しています

2019年03月28日(木)

日程
2019年3月28日(木)18時〜20時(開場17時30分)
出演
開会挨拶
古谷誠章|建築家/早稲田大学教授/日本建築学会会長

基調講演
山本理顕|建築家/山本理顕設計工場/名古屋造形大学学長

パネリスト
赤松佳珠子|建築家/法政大学教授/日本建築学会 事業理事(本WG主査)
五十嵐敬喜|弁護士/法政大学名誉教授
小野田泰明|東北大学大学院教授/日本建築学会 社会の信頼に応える建築の設計・施工者の選定方式を検討するTF委員
北山恒|建築家/法政大学教授
木村草太|憲法学者/首都大学東京法学部教授
塚本由晴|建築家|東京工業大学大学院教授
藤村龍至|建築家/東京藝術大学准教授/日本建築学会 会誌編集委員長

(敬称略)

料金
一般1,000円 学生無料
定員
250名(事前申し込み制・先着順)
申し込みページ
https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=615883
主催
日本建築学会
 社会の信頼に応える建築の設計者・施工者の選定方式を検討するTF
 社会が受容する「建築の公共性」に関する検討WG
協賛
一般社団法人地域社会圏研究所
会場
建築会館ホール
(東京都港区芝5-26-20)
  • JR山手線・京浜東北線田町駅(三田口)より徒歩3分
  • 都営地下鉄浅草線・三田線三田駅(A3出口)より徒歩3分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク