松平敬 × 新垣隆 × 佐々木敦「シュトックハウゼンとは何者だったのか」
『シュトックハウゼンのすべて』(アルテスパブリッシング)刊行記念

このイベントは終了しています

2019年04月03日(水)

カールハインツ・シュトックハウゼン。

世界最初期の電子音楽作品〈習作〉や、3群のオーケストラによる楽曲〈グルッペン〉、かの有名な〈ヘリコプター弦楽四重奏〉が演奏される、すべての上演に7日を要する超大作オペラ〈光〉などの楽曲によって、日本でもその名を知られるドイツの偉大な現代音楽作曲家です。

しかしながら、その作曲活動の全貌や作曲理論や背景、あるいはシュトックハウゼン当人の人となりはこれまで断片的な形でしか伝えられてきませんでした。

今回、アルテスパブリッシングから刊行された『シュトックハウゼンのすべて』は、その知られざる作曲家の全貌を、日本ではじめて明らかにした画期的な一冊です。

同書の刊行を記念した今回のトーク・イベントには、著者の松平敬さんに加え、ゲストとして批評家の佐々木敦さん、作曲家の新垣隆さんをお迎えして、本書によって読み替えられた新たなシュトックハウゼン像について、徹底的に語り尽くしていただきます。

日程
2019年4月3日(水)20時~22時(19時30分開場)
出演
松平敬|バリトン歌手
新垣隆|作曲家/ピアニスト
佐々木敦|批評家/音楽レーベルHEADZ主宰
(敬称略)
料金
前売1,500円+ワンドリンクオーダー
当日店頭2,000円+ワンドリンクオーダー
定員
名(事前申し込み制・先着順)
会場
本屋B&B
(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F )
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク

関連アーカイブ