シンポジウム「銅スラグ細骨材を使用したコンクリートの動向と研究の現状」

このイベントは終了しています

2019年03月27日(水)

日程
2019年3月27日(水)13時30分~17時30分(予定)
出演
司会 山田 藍 株式会社竹中工務店(部会幹事)

挨拶 (一社)日本建築学会近畿支部支部長 三輪康一
主旨説明 株式会社淺沼組技術研究所(部会主査)山﨑順二

[基調講演]
講演1. 日本建築学会
「フェロニッケルスラグ骨材または銅スラグ細骨材を用いるコンクリートの調合設計・製造・施工指針・同解説」の要点
東京工芸大学 陣内浩

講演2. 日本鉱業協会「銅スラグ細骨材またはフェロニッケルスラグ骨材を使用したコンクリートに関する取組み」
日本鉱業協会 立屋敷久志
同上 岸本和彦

[研究委員会活動報告]
報告1 日本建築学会近畿支部特別調査研究委員会
「銅スラグ細骨材の建築用コンクリートの適用性に関する研究」に関する委員会報告
大和ハウス工業株式会社(部会委員) 伊藤尚子
株式会社竹中工務店(部会幹事) 岩清水隆

報告2 大阪兵庫生コンクリート工業組合
「銅スラグ細骨材の活用に関する調査研究WG」における実験結果報告
新関西菱光株式会社 児玉寛
加美コンクリート株式会社 森内隆裕

報告3 日本コンクリート工学会近畿支部
「銅スラグ細骨材の土木用コンクリートの適用に関する研究専門委員会」における実験結果報告
関西大学 鶴田浩章
宇部三菱セメント株式会社 小山宣幸

総評「銅スラグ細骨材など副産物有効利用を指向して」
大阪工業大学 中村成春

(敬称略)

料金
一般3,000円
定員
90名(事前申し込み制・先着順)
主催
日本建築学会近畿支部(企画:材料・施工部会)
共催
大阪兵庫生コンクリート工業組合
会場
大阪科学技術センター 4階 404号室
大阪市西区靭本町1-8-4
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク