法政大学江戸東京研究センター ワークショップ「テクノロジーと東京」

2019年03月30日(土)

屋内・屋外、個人・共同体、運動・静止、仕事・余暇、生産・消費、健康・病気、ハード・ソフト、自然物・人工物など、どのように異なる範疇を想定しても、人間がモノ(モノとしての人間、モノとしての記号も含む)に関わる限り、そこには必ずテクノロジーの関与があります。そして、テクノロジーはそれとしてはユニヴァーサルなものですが、それを生み出す仕方、あるいはそれを用いる仕方には、時と場所とで違いが生じてきます。こうして、東京にも、テクノロジーの、東京ならではの特徴的な存在の仕方が、ポジティブにもネガティブにも認められていくでしょう。経済性や効率のチャンピオンであるということだけでなく、東京がそれ以上に文化的にも魅力があったり、なかったりするのを陰で演出しているのも、何より、このテクノロジーではないかと考えます。このような観点から、テクノロジーと東京との関わりを、様々の領域に属する様々な問題に即して論じます。

日程
2019年3月30日(土)10時~18時(予定)
出演
「交通体系の変化と東京の都市構造の変容」
陣内秀信|法政大学、建築史

「効率の最大化によって変質する都市空間」
岩佐明彦|法政大学、都市計画・建築計画

「社寺参詣と近代東京の電鉄」
鈴木勇一郎|立教大学、日本近代史

「メタボリズムと東京」
北山恒|法政大学、建築

「奪われる自由と創造される空間」
高村雅彦|法政大学、建築史

「まちに眠るテクノロジーの記憶を探る」
岩井桃子|横浜国立大学、パブリックアート

「人間とテクノロジーのインタラクションをデザインする:シリコンバレーと東京」
白石さや|東京大学、岡崎女子大学、文化人類学

「江戸時代の科学技術と現代のロボット」
石井千春|法政大学、ロボット工学

「テクノロジーとしての文学言語」
田中和生|法政大学、文学評論

(敬称略)

料金
無料(事前申し込み不要)
主催
法政大学江戸東京研究センター
会場
法政大学 市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー25階 研究所会議室5
東京都千代田区富士見2-17-1
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク