中沢新一 × 井上明人 × 松永伸司 × 中川大地「〈遊戯の原理〉が変える世界」
『ゲーム学の新時代』(NTT出版)刊行記念

2019年04月06日(土)

人類の根源的な営みである「遊び」と先端テクノロジーが結合する芸術ジャンルとして、急速な成熟を遂げたコンピュータビデオゲーム。その進化は、いまや擬似的な〈自然〉と化したネット環境やVR・AR技術、そして人工知能の普及を先導することで、私たちの生活が依って立つリアリティを拡張し続けてきました。

3月15日発売の『ゲーム学の新時代』は、近年のゲーム研究の知見を総合し、その新たな文明の学としての可能性を捉え直した画期的な論集です。今回の刊行記念トークでは、『ゼビウス』『ポケモン』の先駆的な分析を通じていち早くゲームの人類学的ポテンシャルを見出した中沢新一氏、『現代ゲーム全史』で日米のデジタルゲーム史を比較文明論的に叙述した中川大地氏の両編者に加え、執筆陣の中から国内の人文学的なゲーム研究の第一人者である井上明人氏(ビデオチャットによる参加予定)、近著『ビデオゲームの美学』で最先端の美学的・哲学的な理論研究に基づく分析フレームを提示した松永伸司氏が登壇。

遊びとゲームの本質をめぐる、本書の議論を徹底ガイドします。

日時
2019年4月6日(土)14時~15時30分(開場13時30分)
出演
中沢新一|思想家/人類学者/明治大学研究・知財戦略機構特任教授
井上明人|ゲーム研究者
松永伸司|首都大学東京人文社会学部非常勤講師/立命館大学ゲーム研究センター客員研究員
中川大地|評論家/編集者
(敬称略)
料金
1500円
定員
110名(事前申し込み制・先着順)
会場
青山ブックセンター本店
(東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロア B2F)
  • 表参道駅B2出口 徒歩7分
  • 渋谷駅 (東口/宮益坂側) 徒歩13分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク