服部滋樹 × 鞍田崇
『美術手帖』2019年4月号「100年後の民藝」特集

このイベントは終了しています

2019年04月07日(日)

3月7日発売の『美術手帖』4月号「民藝」特集の関連トークイベントを開催します。出演は、graf代表でクリエイティブディレクターの服部滋樹と、民藝に関する著書を多数手がける、明治大学准教授・哲学者の鞍田崇。

服部は大阪を拠点に、家具、空間、プロダクト、グラフィックのデザインから食、アートまで、「暮らし」にまつわるものづくりを手がけるクリエイティブユニット・grafの代表として、リサーチ、フィールドワークを重視し「ひと・もの・こと」を生み出してきました。
鞍田は、ローカルスタンダードとインティマシーという視点から、現代社会の思想状況を問い、著書『民藝のインティマシー 「いとおしさ」をデザインする』(明治大学出版会、2015)など、民藝の現代における可能性を追求する活動を積極的に行っています。

本トークイベントでは、grafの活動や、これからの民藝のお話から、私たちの暮らしについてともに考えます。ぜひ足をお運びください。

日時
2019年4月7日(日)14時〜16時(13時30分開場)
出演
服部滋樹|graf代表、クリエイティブディレクター、デザイナー
鞍田崇|哲学者
(敬称略)
料金
1,500円
定員
25名(事前申し込み制・先着順)
主催
京都岡崎 蔦屋書店
共催
株式会社美術出版社
会場
ロームシアター京都 会議室2
京都市左京区岡崎最勝寺町13
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク

関連アーカイブ