国産材活用による地方創生トップセミナー in札幌 
都市の木造化への挑戦

2019年05月29日(水)

日本は世界有数の森林国でありながら、木材の自給率は3割程度に留まっているのが現状です。地域の木材を活用し、日本の林業を復活させることは、環境面のみならず地方創生・持続可能な社会の形成において非常に有効です。

昨今、木造耐火技術の開発・実用化により、今まで鉄筋コンクリート造や鉄骨造でしか建てられなかった中高層・大規模建築物が木造で建築され、新たなまちづくりが始まっています。国産材の先駆的活用事例の御紹介を通して、木造建築のさらなる可能性を実感頂きたく、ご案内申し上げます。

日時
2019年5月29日(水)
第一部 セミナー:13時~17時10分
第二部 交流会:17時30分~19時
第一部セミナー プログラム
主催者挨拶 
来賓挨拶

基調講演「国産材活用の意義と都市木造化への期待」
公益財団法人 日本住宅木材技術センター 理事長 古久保英嗣
(元 林野庁 森林整備部長)

基調報告「大規模木造建築がもたらす地域活性化」
株式会社日本政策投資銀行 東北支店 次長 柏原 滋

基調報告「大規模木造庁舎と地方創生の取組み」
山口県長門市長 大西倉雄

基調報告「鉄骨造+木造軸組工法による6階建て複合ビル」
株式会社腰越耕太建築設計事務所 代表取締役 腰越耕太

基調報告「地域産木材活用の実際」
一般社団法人 日本木造耐火建築協会 理事 安達広幸

(敬称略)

料金
第一部 セミナー:無料
第二部 交流会:2,000円
事前申し込み制
主催
一般社団法人 日本木造耐火建築協会
後援
内閣府地方創生推進室
国土交通省
林野庁
株式会社日本政策投資銀行
東北福祉大学
会場
札幌サンプラザ
札幌市北区北24条西5丁目
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク