シンポジウム「建築における瀬戸内的なもの」

2019年04月29日(月)

香川県立ミュージアムの秋季特別展「日本建築の自画像」(会期:2019年9月21日~12月15日)のプレ・イベント。

地域性や風土と建築との関わりから析出された「瀬戸内的なもの」とは何か。瀬戸内海での島々の集落をめぐる現地調査や、瀬戸内地域での戦後モダニズム建築のあり方から見えてくる固有の世界について、大いに語るシンポジウムです。

日時
2019年4月29日(月・祝)13時~16時45分(12時30分開場)
出演
佐藤竜馬(香川県立ミュージアム)特別展「日本建築の自画像」開催に向けて
青井哲人(明治大学)神代雄一郎とデザイン・サーヴェイ 女木島のフィールドワークから
庄子幸佑(香川県庁)『はざま』の建築
多田善昭(建築家)建築家は地域をどうとらえるべきか
松隈 洋(京都工芸繊維大学)『瀬戸内海建築憲章』から見えてくるもの

パネルディスカッション「『建築における瀬戸内的なもの』とは何か?」

(敬称略)

料金
無料
定員
230名(事前申し込み制・先着順)
主催
香川県立ミュージアム
会場
香川県立ミュージアム 講堂(地下1階)
高松市玉藻町5番5号
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク