建築家フォーラム 第177回 
遠藤克彦「近作について 二つの公共建築を通して」

このイベントは終了しています

2019年04月16日(火)

いま、遠藤克彦はホットな建築家の一人である。私は、「鮮明」という言葉が似合う建築家だと思っている。遠藤は新人ではない。熟練された職人建築家である。

今から10年余り前、「豊田市自然観察の森ネイチャーセンター及び周辺施設」のコンペで最優秀賞を獲得し、デビューを果たしている。遠藤の建築は、彼の性格をそのまま具現化したような、鮮明でストレートな建築だ。戦う建築とも言えよう。建築をコンセプトの具現化として実現しようと戦う姿勢が鮮明に現れている。

遠藤と接していると、彼の口調はものをストレートに語り、意見もはっきりと表現する。鋭い切れ味の人間だ。設計に対する集中力も抜群であろう。その結果が、首尾一貫して数々の住宅の傑作を生み出している。その後も遠藤の勢いは止まらない。「茨城県大子町新庁舎設計プロポーザル」において快勝を収める。大子町では、自然との共生が鮮明に表現されており、この豊かなアイディアを、やはり曲面の優しさを含みながら、くっきりとした建築ボリュームとしてまとめ上げている。これも竣工が楽しみな作品だ。

今回は、この現在進行中のプロジェクトを中心に遠藤の建築論を披露して頂く。そこには、行政を相手に戦う建築家が指揮するアトリエ事務所が、日々の闘いの中で作品を創作していく過程が回見えてくるのではないかと期待している。
(国広ジョージ)

日時
2019年4月16日(火)18時30分~20時(受付18時)
出演
遠藤克彦|建築家/株式会社遠藤克彦建築研究所 代表取締役
聞き手 国広ジョージ|建築家フォーラム幹事/建築家
(敬称略)
料金
一般ビジター 2,000円
学生・院生ビジター 1,000円
定員
50名(事前申し込み制)
主催
建築家フォーラム
会場
大光電機株式会社
東京都墨田区両国4-31-17 両国ビル10F
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク