戦後,長崎の復興 
講演「戦前・戦災復興期の長崎都市計画」・魚の町団地見学

2019年05月11日(土)

長崎市では原爆による被災後,国際文化都市として建設するため、1949年5月の国会において長崎国際文化都市建設法が満場一致で可決されました。それから70年経った今,戦後何が施されたのか?緊急性と理想とのなかで当時の人たちが出した答えとは?戦前を踏襲するもの,刷新されたものを振り返りながら,原爆からの復興という長崎市の歩みを振り返ります。

また講演会終了後,戦後復興期に建設され,公営住宅として役目を終えた魚の町団地の見学を行います。見学会を希望される方は動きやすい格好でお越しください。長崎市を読み解いてみませんか?

日時
2019年5月11日(土)13時30分〜17時
プログラム
講演
「戦前・戦災復興期の長崎都市計画」
浅野純一郎(豊橋技術科学大学)

見学
魚の町団地見学(小グループ単位で先着順)
(敬称略)

料金
100円(事前申し込み制)
主催
日本建築学会 九州支部長崎支所
会場
長崎市市民会館 大会議室
長崎市魚の町5-1
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク