後藤繁雄 × 港千尋 × 深川雅文「これからの写真」
『現代写真アート原論 「コンテンポラリーアートとしての写真」 の進化形へ』(フィルムアート社)刊行記念

2019年05月30日(木)

誰もがスマートフォンで日常的に簡単に撮影でき、それを加工し、インスタグラムをはじめとするSNSで世界中に発信できる──写真がデジタル化し遍在化した時代。
そんな現代において「コンテンポラリーアートとしての写真」の可能性はどこにあるのでしょうか。

そんな問いについて議論し、現代アートとしての写真の新しい「原論」を提示する『現代写真アート原論』の刊行を記念して、編者である後藤繁雄さん、港千尋さん、深川雅文さんによるトークイベントを開催します。TOKYO ART BOOK FAIRに並ぶたくさんの写真集やアートブックを見る際のヒントにもなる、「現代写真アート」の世界の方向づけについて語られます。

日時
2019年5月30日(木)19時~21時(18時30分開場)
出演
後藤繁雄
編集者/クリエイティブディレクター/アートプロデューサー

港千尋
写真家/映像人類学者/多摩美術大学教授

深川雅文
キュレーター/クリティック

(敬称略)

料金
前売 1,500円 + ワンドリンクオーダー
当日店頭 2,000円 + ワンドリンクオーダー
会場
本屋B&B
(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F )
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク