伝統的木造建築物の構造解析とこれからの木造建築の展望 
新たな耐震計算法の解説を中心として 
『伝統的構法のための木造耐震設計法』(学芸出版社)出版記念講演会

このイベントは終了しています

2019年06月15日(土)

平成20年度の国の補助事業で設置された「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験」検討委員会では、伝統的構法木造建築物の構造解析および設計法作成に向け、実大構造実験等をはじめとする様々な活動と提案を行ってきました。平成25年に国土交通省に提出された最終報告書には伝統的構法の設計法の提案も盛り込まれ、新たな展開が期待されましたが、その後の5年間に大きな動きはありませんでした。

このたび、その10年に渡る成果をまとめた『伝統的構法のための木造耐震設計法』が出版されます。本書籍の出版を記念して著者の鈴木祥之氏・長瀬正氏を講師にお招きし、ここに至る経緯や計算法の解説、さらには今後の木造建築の展望についてのお話を伺います。

日時
2019年6月15日(土)13時30分~16時30分(開場13時)
出演
鈴木祥之
立命館大学衣笠総合研究機構 歴史都市防災研究所・教授 京都大学名誉教授

長瀬 正
一般財団法人 日本建築総合試験所 審議役

(敬称略)

料金
3000円
定員
210名(事前申し込み制・先着順)
主催
特定非営利活動法人 伝統木構造の会
協賛
学芸出版社
会場
角筈(つのはず)区民ホール
新宿区西新宿4-33-7
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク