東京大学社会連携講座 
次世代都市 ‐ 交通デザイン研究体 設置記念フォーラム

このイベントは終了しています

2019年06月10日(月)

東京大学では、社会基盤学・建築学・都市工学の3専攻が連携し,社会連携講座「次世代都市-交通デザイン研究体」を新たに発足させることになりました。これを記念して,建築家の磯崎新氏と内藤廣氏を基調講演にお招きし、新たな都市計画の潮流を生み出すべく,超長期的な臨海都市のアーバンデザインについて皆様と議論を共有するフォーラムを開催します。

本研究体では東京臨海地区をモデルケースとし、事前復興と新たなモビリティの社会実装、次世代都市デザインの実現に向けた研究・教育を推進します。未来の都市・地域像に関心のある学生・研究者・設計者・計画者・エンジニアの皆様のご参加をお待ちしております。

日時
2019年6月10日(月)15時〜18時15分予定(14時30分開場)
出演
来賓挨拶
森昌文|国土交通省事務次官
佐藤伸朗|東京都技監(都市整備局長兼務)
井上和幸|清水建設株式会社 代表取締役社長

研究課題紹介
「東京2050+」
羽藤英二|東京大学教授

基調講演
「都市のイメージ」
内藤廣|建築家・東京大学名誉教授

「Urban Apparatus」
磯崎新|建築家

鼎談
磯崎・内藤・羽藤

閉会 18時15分予定

(敬称略)

料金
無料
定員
事前申込用 250席(一般200 学生優先50)
当日先着用 20席
事前申し込み制
参加方法
seminar@bin.t.u-tokyo.ac.jp へ 5月31日(金)までに以下の3項目をeメールにてご連絡下さい。
件名「6/10 フォーラム参加希望」
1. 申込者ご氏名
2. 申込者ご所属
3. 申込人数(複数の場合,全員のご氏名・ご所属)
申込メール送信後、6/3(月)までに受付確認の返信がない場合には、お手数をおかけしますが再度お問い合わせください

主催
東京大学社会連携講座
次世代都市 ‐ 交通デザイン研究体
会場
東京大学弥生講堂 一条ホール
東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク