小西康陽 × のむみち「わたくしたちはいかにして名画座の虜となりしか — ライヴ『映画メモ2013 - 2019』」
『わたくしのビートルズ 小西康陽のコラム1992-2019』(朝日新聞出版)刊行記念

イベントは終了しています

2019年06月28日(金)

『わたくしのビートルズ』は、1996年の『これは恋ではない』、2008年の『ぼくは散歩と雑学が好きだった。』に続く、小西康陽さんの11年ぶりのヴァラエティブックです。

今回もコラム、レコードレヴュー、映画レヴュー、対談、未発表の日記などを収録した“圧倒的なインプットとアウトプットの履歴”がぎっしり詰まった一冊となっています。

お読みいただくとわかりますが、前著との違いは“映画に関する情報量”!特に、「映画メモ2013-2019」と題された、旧作邦画を中心とした、年間500本を超える鑑賞記録は圧巻としか言いようがありません。

そこで今回は、『名画座かんぺ』発行人ののむみちさんをゲスト兼インタビュアーにお迎えし、2013年に小西さんと映画との間に一体何があったのか? それはレコード鑑賞やレコードハンティングよりも面白いものなのか? そもそも、なぜ旧作邦画なのか? などを、映像を交えながらお話しいただきたいと思います。後半には、121頁にある「似ている」を、みなさんと共に検証していくというお楽しみコーナーも用意いたしました。

本イヴェントは、『わたくしのビートルズ』をすでに読んだ方も、未読の方も、旧作邦画が好きな方も、映画はそれほど観ない方も、どんなみなさんにも楽しんでいただける内容となっております。きっとイヴェントが終わる頃には、「映画メモ2013-2019」の40頁は今までよりもずっと魅力的な頁になるばかりか、絶好のガイドブックとなることでしょう。

日時
2019年6月28日(金)20時~22時(19時30分開場)
出演
小西康陽(音楽家)
のむみち
(古書往来座店員/月刊フリーペーパー『名画座かんぺ』発行人)
(敬称略)
料金
前売 1,500円 + ワンドリンクオーダー
当日店頭 2,000円 + ワンドリンクオーダー
会場
本屋B&B
(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F )
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク