藤井誠二 × 安田浩一
「ノンフィクションライターの取材の『神様』を引き寄せる力」
『路上の熱量』(風媒社)刊行記念

このイベントは終了しています

2019年07月06日(土)

人物ルポの最高峰として知られる『AERA』の「現代の肖像」の仕事を一冊に編んだ藤井誠二さんの『路上の熱量』(風媒社)刊行を記念して、ノンフィクションライター安田浩一さんとトークイベントを行います。

沖縄書店大賞を受賞した『沖縄アンダーグラウンド 売春街を生きた者たち』(講談社)など50冊以上の著作をもつ藤井誠二さん。新刊『団地と移民 課題最先端「空間」の闘い』(KADOKAWA)をはじめ、『「右翼」の戦後史』(講談社)、『沖縄の新聞は本当に「偏向」しているのか』(朝日新聞出版)、『ネットと愛国』(講談社)など、話題のノンフィクションを発表し続ける安田浩一さん。

日本のノンフィクション界を牽引するベテランノンフィクションライターは、書くべき、書きたいと思わせる「人」にどうやって出会ってきたのか。取材の運や神様を引き寄せるために、二人が心がけていることとは何か。「人を知りたい」と思う動機付けとは何か。同世代のお二人に取材秘話を語り合っていただきます。

日時
2019年7月6日(土)19時~21時(18時30分開場)
出演
藤井誠二(ノンフィクションライター)
安田浩一(ノンフィクションライター)
(敬称略)
料金
前売 1,500円 + ワンドリンクオーダー
当日店頭 2,000円 + ワンドリンクオーダー
会場
本屋B&B
(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F )
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク