千葉雅也 × ミヤギフトシ「アメリカと書くこと」
『アメリカ紀行』(文藝春秋)『ディスタント』(河出書房新社)刊行記念

このイベントは終了しています

2019年08月08日(木)

ベストセラー『勉強の哲学』の直後、サバティカル(学外研究)で訪れたアメリカの地での日常を紀行文の形でつづった千葉雅也さん。

聖なるもの、信頼、警報、無関係、分身、二人称──32の主題を変奏しながら、アメリカという国の現在の輪郭が浮かんでくる哲学的エッセイともいえる試みは、次なる小説執筆への助走でもあったと言います。そして、もうひとり、現代美術作家として活動しながら、初の小説『ディスタント』を発表したミヤギフトシさん。

沖縄出身、アメリカへの留学経験をもつミヤギさんもまたアメリカというトポスをめぐって「アメリカの風景」という小説を書かれました。二人にとってのアメリカ体験とは、そして書くこと、とりわけ小説を書くことへの距離はどのようなものなのか。「アメリカと書くこと」と題して、広く語り合う対談です。

日時
2019年8月8日(木)19時~21時(15分前に開場)
出演
千葉雅也|立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授
ミヤギフトシ|現代美術作家
(敬称略)
料金
・書籍『アメリカ紀行』+イベント参加券セット 2,120円
・書籍『ディスタント』+イベント参加券セット 2,444円
・イベント参加券 1,500円
詳しくは下記詳細ページをご覧ください。
定員
70名(事前申し込み制)
主催
代官山 蔦屋書店
協力
文藝春秋・河出書房新社
会場
代官山 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
(東京都渋谷区猿楽町17-5)
東急東横線「代官山駅」より徒歩5分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク