橋本倫史 × 柴崎友香「まだ見ぬ「わたし」、見知らぬ街を書き記す」
『市場界隈 那覇市第一牧志市場界隈の人々』(本の雑誌社)刊行記念

このイベントは終了しています

2019年08月14日(水)

2019年6月に建て替えを迎えた沖縄県那覇市の第一牧志公設市場。
戦後の闇市を起源に持ち、70年以上の歴史を抱えるこの市場に通い詰めて、界隈の人々を取材した橋本さん。
わずかな休み時間に昼食を頬張る姿、裏路地で一服する姿、市場内の出前で配達してもらったアイスコーヒーで喉を潤す姿、帳場に置いたテレビを眺めて過ごす姿、文庫本を読みふける姿等々。”市場で働く人々”を置い続けた先に浮かび上がるのは沖縄の戦後史。
本書は、観光で触れる沖縄とはちょっとちがう、昭和から平成を生きた市場の人々の日常を記録した一冊です。

今回B&Bでは、『市場界隈 那覇市第一牧志市場界隈の人々』(本の雑誌社)刊行を記念してイベントを開催します。
橋本さんが那覇で取材を重ねていたとき、知人から紹介されたのが柴崎さんの『わたしがいなかった街で』だったといいます。
そこに描かれていた、記憶のこと、時間のこと、土地のこと、かつてそこにいた誰かのことについて思いを馳せながら、那覇の街を歩いた経験が、今回の対談につながりました。

おふたりにとって街をみつめるということとは?
その時間は、どのような姿かたちとなって記憶や時間に刻まれているのか。お話しいただきます。

日時
2019年8月14日(水)20時~22時(19時30分開場)
出演
橋本倫史(ライター)
柴崎友香(小説家)
(敬称略)
料金
前売 1,500円 + ワンドリンクオーダー
当日店頭 2,000円 + ワンドリンクオーダー
会場
本屋B&B
(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F )
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク