木下史青 × 保坂健二朗「トーハクとMOMATにまつわる、建築と展示の話」
「谷口吉郎・吉生記念金沢建築館」開館、及び『谷口吉郎建築作品集』(淡交社)刊行記念

イベントは終了しています

2019年08月07日(水)

木下史青氏は、東京国立博物館にて、照明、配置、保存など展示に関する総合的なプロデュースをされています。谷口吉郎設計の東洋館、谷口吉生設計の法隆寺宝物館を良く知る一人です。
保坂健二朗氏は、国立近代美術館で主任研究員を務め、建築展を数多くキュレーションし続けています。谷口吉郎の建築を職場とする、国立近代美術館を知り尽くした人物といえます。

本イベントでは、主に東京国立博物館(トーハク)と国立近代美術館(MOMAT)に焦点を当て、木下、保坂両氏ならではのエピソードを交えながら、谷口建築の見所や面白さを教えていただきます。

日時
2019年8月7日(水)19時30分~21時
出演
木下史青|東京国立博物館 学芸企画部 上席研究員
保坂健二朗|東京国立近代美術館 主任研究員
(敬称略)
料金
銀座 蔦屋書店にて下記の商品をご購入いただいた方にご参加いただけます。
・イベント参加対象書籍:谷口吉郎建築作品集(5,400円)
申し込み方法は下記詳細ページをご覧ください。
定員
60名(事前申し込み制・先着順)
主催
銀座 蔦屋書店
会場
銀座 蔦屋書店
(東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F)
地下鉄
銀座駅 A3出口 徒歩2分
東銀座駅 A1出口 徒歩3分
JR
有楽町駅 徒歩約10分
新橋駅 徒歩約10分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク