“KOBE”を語る~GHQと神戸のまち

2019年08月14日(水)〜2019年08月31日(土)

第2次世界大戦後、GHQ占領下の神戸がどんな様子だったのか。歴史の事実としては知っていても、具体的な状況を知る機会は少ないのではないでしょうか。

本展はデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)で平成30年度に開催された同テーマの展示の一部を巡回するものです。当時と今を比較した街の写真や、当時を実際に知る人から聞き取ったお話、「闇市」「進駐軍」「キャンプ」等、歴史を知るためのキーワード解説により構成したパネルを展示します。

日時
2019年8月14日(水)~8月31日(土)
最終日は16時まで
休み
8月19日(月)、8月26日(月)
時間
火〜土:9時15分〜20時
日:9時15分〜18時
入場料
無料
主催
神戸市立中央図書館
協力
衣川太一
神戸市文書館
JSPS科研費 若手研究[B]「占領期神戸における都市空間の変容課程に関する研究」
(代表者:村上しほり)
デザイン・クリエイティブセンター神戸
会場
神戸市立中央図書館 1階ロビー
兵庫県神戸市中央区楠町7-2-1
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク