佐藤直樹 × 小崎哲哉 × 菅付雅信「本とアートが交差する場所」
『佐藤直樹 紙面・壁画・循環―同じ場所から生まれる本と美術の話』(美術出版社)刊行記念

2019年09月01日(日)

2010年前後を境に、書籍・雑誌を中心にしたデザイナー/アートディレクターから、樹や植物をモチーフの中心にした絵画制作へとその活動の軸足を移している佐藤直樹さん。その二面性を紹介する展覧会「佐藤直樹展:紙面・壁画・循環」が、現在、群馬県の太田市美術館・図書館で開催中(〜10/20)です。

今回のイベントでは、佐藤さん、そして佐藤さんがアートディレクションをつとめた雑誌『ART iT』(2003年創刊)で編集長をつとめられたほか、『くくのち』『百年の愚行』『続・百年の愚行』など、佐藤さんと数々の書籍を編集者・執筆者として手がけた小崎哲哉さんをお迎えして、対談を行います。さらにその聞き手としてご登壇いただくのは、『コンポジット』(1992年創刊、1997年新創刊)編集長として、佐藤さんと長い親交のある編集者の菅付雅信さんです。本とアート、それぞれに造詣の深い三人が、「本とアートが交差する場所」をテーマに繰り広げる貴重なトークをお楽しみください。

日時
2019年9月1日(日)14時~15時30分(開場13時30分)
出演
佐藤直樹|アジール/多摩美術大学教授
小崎哲哉|『REALKYOTO』発行人兼編集長
菅付雅信|編集者/株式会社グーテンベルクオーケストラ代表取締役
(敬称略)
参加費
1,500円
定員
110名(事前申し込み制)
主催
青山ブックセンター本店
美術出版社
会場
青山ブックセンター本店
(東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロア B2F)
  • 表参道駅B2出口 徒歩7分
  • 渋谷駅 (東口/宮益坂側) 徒歩13分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク