幻想都市風景 2019 GINZA ~ 光嶋裕介 展

2019年08月27日(火)〜2019年09月30日(月)

このたび、GINZASIX内 銀座 蔦屋書店(中央区銀座)では店内のイベントスペース「アートウォールギャラリー」(6F スターバックス前展⽰スペース)にて、2019年8⽉27⽇(⽕)〜9⽉30⽇(月)の期間、「幻想都市風景 2019 GINZA 〜 光嶋裕介 展」を開催いたします。

光嶋裕介さんの描くドローイングのほとんどは、ご自身が設計した建築ではありません。光嶋さんにとって、ドローイングを描くことと、建築の設計をすることの間にはどのような繋がりがあるのでしょうか。本展に寄せて、光嶋さんは次のようなコメントをくださいました。


僕は建築設計事務所を主宰し、ドローイングを描き続けています。

建築家が指揮者となって、職人たちと一緒に建築(音楽)をつくる行為は、集団的創造の賜物であるのに対して、ドローイングを描く行為は、一人で孤独に五線譜と向き合う作曲家のそれであります。

僕は世界を旅して描いてきたスケッチでもって「地図」をつくり、新しい自分を発見するための行為として、あったかもしれない「幻想都市風景」をモチーフにドローイングを描いています。創造の源は、いつだって「ポエジー(詩)」にあるのです。

本展ではそんな「幻想都市風景」の描き下ろした新作を展示し、GINZAをテーマにしたドローイングを、展示スペースに滞在しながら描きあげることに挑戦します。

つまり、大都市の中心を期間限定のアトリエにすることで、お客さんと対話し、今までとは違った場所から見える表情豊かな都市の風景を描いてみることで、多様な世界の美しさを見つけたいと考えています。

光嶋裕介(建築家)


日時
2019年8月27日(火)〜9月30日(月)10時~22時30分
出展作家
光嶋裕介
(敬称略)
関連トークイベント
本展特別企画といたしまして、想像と創造にまつわる連続対談を開催いたします。「建築を身体で思考する」をテーマに全5回に渡るトークイベントは、光嶋さんがゲストにお声がけし、テーマも興味深い切り口を設定してくださいました。

第1回「音楽と芸術について~皮膚感覚で思考する」
8月27日(火)19時~20時45分
後藤正文(ミュージシャン/ASIAN KUNG-FU GENERATION)× 光嶋裕介

第2回「武道と空間について~集団で思考する」
内田樹(思想家)× 光嶋裕介
9月3日(火)19時~20時45分

第3回「文学と幻想について~頭で思考する」
いとうせいこう(作家)× 光嶋裕介
9月10日(火)19時~20時45分

第4回「アートと芸術ついて~手で思考する」
束芋(現代美術家)× 光嶋裕介
9月19日(木)19時~20時45分

第5回「写真と時間ついて~眼で思考する」
鈴木理策(写真家) × 光嶋裕介
9月24日(火)19時~20時45分

参加費・申し込み方法などは下記詳細ページをご覧ください。

主催
銀座 蔦屋書店
共催
ときの忘れもの
会場
銀座 蔦屋書店
(東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F)
地下鉄
銀座駅 A3出口 徒歩2分
東銀座駅 A1出口 徒歩3分
JR
有楽町駅 徒歩約10分
新橋駅 徒歩約10分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク

関連アーカイブ