インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史
@広島市現代美術館

2019年09月18日(水)〜2019年12月08日(日)

建築の歴史を振り返ると、完成に至らなかった素晴らしい構想や、あえて提案に留めた刺激的なアイディアが数多く存在しています。未来に向けて夢想した建築、技術的には可能であったにもかかわらず社会的な条件や制約によって実施できなかった建築、実現よりも既存の制度に対して批評精神を打ち出す点に主眼を置いた提案など、いわゆるアンビルト/未完の建築には、作者の夢や思考がより直接的に表現されているはずです。この展覧会は、20世紀以降の国外、国内のアンビルトの建築に焦点をあて、それらを仮に「インポッシブル・アーキテクチャー」と称しています。ここでの「インポッシブル」という言葉は、単に建築構想がラディカルで無理難題であるがゆえの「不可能」を意味しません。言うまでもなく、不可能に眼を向ければ、同時に可能性の境界を問うことにも繋がります。建築の不可能性に焦点をあてることによって、逆説的にも建築における極限の可能性や豊穣な潜在力が浮かび上がってくる─それこそが、この展覧会のねらいです。約40人の建築家・美術家による「インポッシブル・アーキテクチャー」を、図面、模型、関連資料などを通して読み解きながら、未だ見ぬ新たな建築の姿を展望します。

日時
2019年9月18日(水)~12月8日(日)10時~17時
入場は閉館の30分前まで
休み
月曜日(ただし、9月23日、10月14日、11月4日は開館)
9月24日(火)、10月15日(火)、11月5日(火)
入場料
一般1,200円/大学生900円/高校生・65歳以上600円/中学生以下無料
関連イベント
|その1|「インポッシブル」ってなに?
2019年10月13日(日)14時~16時
[対談] 建築の不可能性と可能性とは?
講師:五十嵐太郎(本展監修者、東北大学教授)× 浅子佳英(建築家、デザイナー)
会場:地下1階ミュージアムスタジオ
定員:120名
要展覧会チケット(半券可)、当日10時より受付にて整理券配布

|その2|なんて素敵な「インポッシブル」!
2019年10月20日(日)14時~15時30分
[講演会] 紙上&夢想の建築にみるロマン─ロシア・アヴァンギャルドの建築からメタボリズム、そしてザハ・ハディドまで。
講師:本田晃子(岡山大学社会文化科学研究科准教授)
会場:地下1階ミュージアムスタジオ
定員:100名
要展覧会チケット(半券可)、当日10時より受付にて整理券配布

|その3|建たないんだったら、つくっちゃおう。
(1)2019年11月9日(土)13時~15時
(2)11月10日(日)13時~15時
[ワークショップ]「もし実際に建ったとしたら?」を想像して工作してみよう!
会場:2階講座室
定員:各回15名
参加費:500円
対象:小学4年生以上(大人も歓迎)
要事前申込、応募者多数の場合は抽選

主催
広島市現代美術館
読売新聞社
美術館連絡協議会
監修
五十嵐太郎
協力
Estate of Madeline Gins / Reversible Destiny Foundation
後援
広島県、広島市教育委員会、広島エフエム放送、尾道エフエム放送
会場
広島市現代美術館
(広島県広島市南区比治山公園1-1)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク