岡田秀則 × 大島依提亜「映画ポスターの過去・現在・未来」
『時代と作品で読み解く映画ポスターの歴史』(玄光社)先行発売記念

イベントは終了しています

2019年09月01日(日)

映画が生まれたのは1895年。リュミエール兄弟が撮影・映写の複合機「シネマトグラフ」を発明したことから始まりました。一方、ポスターという宣伝媒体が生まれたのはそのわずか10年前のこと。本書では、現在でもいまだなお作り続けられる『映画ポスター』にスポットを当て、時代の変遷とともにその歴史を振り返る書籍が、発売されます。
その名も、『時代と作品で読み解く映画ポスターの歴史』(玄光社)。

ポスターデザインを手がけたアーティストや彼らのスタイル、映画的なムーヴメント、政治、イデオロギーなどの影響によって、映画ポスターにどんな変化がもたらされたのか。当時の時代背景とともに紐解く、後世に残る貴重な資料となる本書。

TSUTAYA TOKYO ROPPONGIでは、本書の先行発売を記念して、監修をご担当された岡田秀則さん、そして数々の映画ポスターのデザインを手掛けられているデザイナーの大島依提亜さんをお招きして、スペシャルトークショーを開催いたします。

岡田さん、大島さん、おふたりの語る本書の魅力、思い入れのある年代と映画ポスターについて。また、大島さんが現在手掛けられている映画広告のお仕事について。

そして、デザインのトレンド、社会情勢によって変わりゆくポスターのビジュアル、これからの広告のありかたなど、映画の“魅せ方”の過去・現在・未来を語りつくす一時間。

映画ファン、映画関係者の方々は勿論、デザイナーの方にも楽しんで頂ける貴重なトークショー。みなさま奮ってご参加くださいませ!

日時
2019年9月1日(日)13時~14時(開場12時45分)
出演
岡田秀則
大島依提亜
(敬称略)
参加費
(1)書籍『時代と作品で読み解く映画ポスターの歴史』(4,536円)購入 
(2)イベント参加費1200円
(いずれもコーヒー1杯付)
定員
50名(事前申し込み制・先着順)
協賛
玄光社
会場
TSUTAYA TOKYO ROPPONGI
(東京都港区六本木6-11-1 六本木ヒルズ 六本木けやき坂通り)
  • 東京メトロ日比谷線・大江戸線「六本木」駅より徒歩10分
  • 都営地下鉄大江戸線・東京メトロ南北線「麻布十番」駅より徒歩10分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク