日本の〝千年村〟の話 | SFC石川研「神山ひとまわり」展・ナイトイベント 2/4
ゲスト 中谷礼仁・石川 初

このイベントは終了しています

2019年08月22日(木)

慶應大学SFC・石川初研究室の3年間のフィールドワークまとめ展「神山ひとまわり」(8/18~25、20日休)の夜プログラム。4夜連続の第2夜は「日本の〝千年村〟の話」。

中谷さんの専門分野は、建築史.歴史工学(アーキオロジー)。研究の一つに〝千年村〟があります。

中谷「現在取り組んでいる〝千年村プロジェクト〟では、日本で千年以上続いている集落・地域を調べています。きっかけは東日本大震災でした。震災の被害に遭った地域について、たくさんの報道があったことは誰もが記憶に新しいと思います。一方、何もなかった地域については誰も何も触れていません。しかし、無事だった地域は頑健なのですから、むしろ焦点を当てるべきではないか――。」
早稲田大学 創造理工学部のサイトより

この夜は彼に「千年村」の話と、ここ数年の調査・研究を通じてわかってきた「長くつづく場所の特性」を。石川さんからは、その視点で見た神山の話を聞かせていただきます。〝場所をみる〟視力回復プログラムのような時間になれば。どうぞお越しください。

日時
2019年8月22日(木)19時~21時(開場18時45分)
出演
ゲスト:
中谷礼仁(早稲田大学創造理工学部 建築学科)
石川 初(慶應大学SFC)

聞き手:西村佳哲(神山つなぐ公社)
(敬称略)

参加費
1,500円
事前予約制 https://peatix.com/event/1212486
町内在住者・出身者 無料
主催
一般社団法人 神山つなぐ公社
NPO法人グリーンバレー
会場
神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス
徳島県名西郡神山町下分字地野49-1
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク