堀畑裕之 × 鞍田崇「日本の眼(美意識)を生活にどう活かすか?」
『言葉の服——おしゃれと気づきの哲学』(トランスビュー)刊行記念

このイベントは終了しています

2019年09月03日(火)

「日本の美意識が通底する新しい服の創造」をコンセプトとした服飾ブランド「matohu(まとう)」を手掛ける堀畑裕之さんの、初の著書『言葉の服―おしゃれと気づきの哲学』(トランスビュー)の出版を記念して、民藝の現代的可能性などを探求されている哲学者・鞍田崇さんとのトークショーを開催いたします。

matohuでは、2010年から8年にわたり「日本の眼」と題したコレクションを展開しました。
「ふきよせ」「ほのか」「おぼろ」「なごり」など、日本の美意識から発想した意欲的な服作りです。
この「日本の眼」というタイトル、実は民藝の哲学者 柳宗悦の晩年の小論の題名でもあります。その中で柳はこう言っています。

「日本はもう『日本の眼』に確信を持ち、それを世界に輝かすべきだと思われてならぬ。」

服飾や工芸などを通して積み重ねられてきた日本の美意識とは、どのようなものだったのか? そして現代に生きる私たちは、どうそれに気づき、活かすことができるのか?「生きる知恵を愛する」という本来の意味の「哲学」を念頭に、日常の言葉で深く語り合います。

日時
2019年9月3日(火)19時~21時(15分前に開場)
出演
堀畑裕之|服飾デザイナー
鞍田 崇|哲学者
(敬称略)
参加費
・書籍『言葉の服――おしゃれと気づきの哲学』+イベント参加券セット 3,500円
・イベント参加券 1,500円
定員
70名(事前申し込み制)
申し込み方法は下記詳細ページをご覧ください。
主催
代官山 蔦屋書店
共催
トランスビュー
会場
代官山 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
(東京都渋谷区猿楽町17-5)
東急東横線「代官山駅」より徒歩5分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク

関連アーカイブ