池田浩士『ボランティアとファシズム —— 自発性と社会貢献の近現代史』(人文書院)刊行記念トーク

2019年09月28日(土)

関東大震災当日の1923年9月1日、東京帝大の学生38人は洋上にいた。当時日本の植民地だったミクロネシアの南洋群島での見学を終え、軍艦で帰路についていたのだ。翌日帰港するや、彼らは帝大および上野での救護活動を展開する。

だが、それで終わりではなかった。大震災の罹災者支援という一時的な活動から、日本という国家社会で「もっとも大きな苦しみを味わいつづけなければならない人びとと共に生きる活動へと、彼らは歩を踏み出したのである」。

それこそがセツルメントの開設だった。しかし、ここでボランティア活動に勤しんだ学生たち、教員たちがその後歩んだ道行きは一様ではなかった。時代はやがて、〈転向〉と〈勤労奉仕〉の季節を迎えることになる。

――日本におけるボランティア運動の端緒を開いた東京帝大セツルメントを事例に、社会貢献における自発性と強制性の境がどこにあるのか考えます。

日時
2019年9月28日(土)15時~17時
出演
池田浩士
ドイツ文学・ファシズム文化研究/京都大学名誉教授
(敬称略)
参加費
無料
定員
30名
会場
ジュンク堂書店 難波店
大阪府大阪市浪速区湊町1-2-3 マルイト難波ビル3階
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク