Archi Future 2019

イベントは終了しています

2019年10月25日(金)

いよいよ来年は、東京オリンピック・パラリンピックの開催年となります。

メインスタジアムの新国立競技場(オリンピックスタジアム)やアクアティックスセンター、選手村などの建築や競技会場も全容を現し始めています。併せて、ホテルなどの宿泊施設や新駅などの交通関連施設の整備も急ピッチで進められ、この建設需要の拡大は東京近郊に留まらず各地へ広がるなど、さまざまな要因によって、国内の建設需要が大幅に拡大し、建築業界は、引き続き好景気が続いています。この建築業界の好景気は、東京オリンピックの開催後も数年は続くと見込まれています。

この活況も契機となり、人件費や材料費などの高騰による建設コストの上昇や職人、熟練技術者不足の深刻化など、解決しなければならない新たな課題も顕著となってきました。

この好景気な状況のうちに、建築業界はこれらの課題の解決に向けたアクションを起こす必要があり、これらの課題解決のためにICTの活用が大きな役割を果たすことは言うまでもありません。ましてや、建築業界におけるICT活用の重要度が、今後さらに高くなっていくことも明らかです。

従って、さまざまな課題の解決のために、本格的にコンピュテーショナルな業務の拡大や有効活用を試行、検討し、できるだけ早い時期に実践することが強く求められています。

このような背景のもと、建築分野におけるコンピュテーション活用を中心とした注目の最新動向と最新のソリューションを紹介する「Archi Future 2019」を前年に引き続き開催する運びとなりました。

第12回となる今開催も、建築界の明るい未来に向けて、国内外の著名人や第一線で活躍するキーマンによる講演会・セミナー、および最新技術・製品を一堂に会した展示会を中心に、前年より規模を拡大して、意欲的な企画を実施いたします。

本イベントを通じて、建築界にコンピュテーション活用による明るい話題と方向性を提供し、建築の新しいデザイン、生産、プロセスなどの可能性や方向性などを、多くの建築関係者の方々に感じていただきたいと考えております。そして、これからの時代に向けて建築設計者や技術者などの方々が、新しいアドバンテージを持てるよう、広範囲で有意義なさまざまな情報を発信いたします。
皆様のご来場を心からお待ちしております。

日時
2019年10月25日(金)10時~17時45分
講演会
[基調講演]
「Diller Scofidio + Renfroの仕事とプロセス:アートから都市まで(逐次通訳付)」
Charles Renfro

[特別対談1]
「“ブロックチェーン”は建設業界を激変させるプラットフォームとなるか」
岡田仁志(国立情報学研究所 情報社会相関研究系 准教授)
山梨知彦(建築家/日建設計 常務執行役員 設計部門 プリンシパル)
コーディネーター:
池田靖史(建築家/慶應義塾大学大学院SFC 政策・メディア研究科 教授/IKDS代表)

[特別対談2]
コモングラウンドを実装せよ! 次世代都市とミラーワールド
豊田啓介(建築家/noiz パートナー、gluon パートナー)
松島倫明(『WIRED』日本版 編集長)
コーディネーター:
金田充弘(東京藝術大学 美術学部建築科 准教授/Arup Senior Associate)

[パネルディスカッション]
「現場所長が語る、BIM/ICT活用による施工現場の革新」
パネリスト:
杉本直樹(大林組 東京本店 アクアティクスJV工事事務所 所長)
北村浩一郎(鹿島建設 関西支店 オービック御堂筋工事事務所 所長)
岡本貴行(清水建設 東京支店 虎ノ門トラストシティ ワールドゲート建設所 副所長)
島津幸二(大成建設 札幌支店 作業所長)
山崎裕昭(竹中工務店 九州支店 作業所 副所長)
コーディネーター:
池田靖史(建築家/慶應義塾大学大学院SFC 政策・メディア研究科 教授/IKDS代表)

(敬称略)

セミナー
・「鉄道BIMを活用したデジタルツイン技術によるライフサイクルマネジメントの実現」
小林三昭(JR東日本コンサルタンツ 常務取締役 ICT事業本部長)

・「建築設備におけるワンモデルBIMの取り組み ―サブコン・メーカー・CADベンダーとの共創の業務フローによるデジタルツインの実現―」
焼山 誠(大林組 建築本部 iPDセンター 上級主席技師

・「私はBIMで会社を辞めました、そして起業しました ―アルゴリズム建築の時代に向けたアクション―」
伊藤誠之(インテグレーション・コア 代表取締役)
松本ちなつ(松本技術設計 代表取締役)
コーディネーター:
藤沼 傑(ウィスト建築設計 代表)

・「全国の設計事務所と建築学生をBIMでつなぐ試み」
横松邦明(横松建築設計事務所 専務取締役)
本澤 崇(本澤建築設計事務所 代表取締役)

・「コンピュテーショナルデザイナーという新しい職能とその責任 ―Morphosis ArchitectsとSCI-Arcにおける実践と研究が支える仕事の実際―」
杉原 聡(コンピュテーショナルデザインスタジオATLV 代表)

・「Kengo Kuma & Associates / Computational Design」
名城俊樹(隈研吾建築都市設計事務所 設計室長)
松長知宏(隈研吾建築都市設計事務所 設計室長)

(敬称略)

参加費
無料
定員
講演会:500名(事前申し込み制)
セミナー:230名(事前申し込み制)
主催
Archi Future 実行委員会
共催
株式会社プロプラン
後援
(一社)日本建築学会、(公社)日本建築家協会、(公社)日本建築士会連合会、
(一社)日本建築士事務所協会連合会、(一社)日本建設業連合会、
(一財)建設業振興基金、(一財)建築環境・省エネルギー機構、
(一財)建築保全センター、(一社)日本建築構造技術者協会、
(一社)建築設備技術者協会、(一社)日本鋼構造協会、
(公社)日本ファシリティマネジメント協会、(公社)日本建築積算協会、
(一社)日本建設業経営協会、(一社)建築研究振興協会、
(一社)照明学会、(公社)日本グラフィックデザイナー協会、
 日本オフィス学会、(一社)buildingSMART Japan
会場
TFTホール
東京都江東区有明3-4-10 東京ファッションタウンビル西館
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク