シンポジウム「<登竜門>としてのヒルサイドテラス — すべては<SDレビュー>から始まった —」

2019年11月22日(金)

1982年に槇文彦の発案でスタートし、世界的に活躍する建築家の数多く輩出してきたSDレビュー。2001年から10年間にわたり、ヨーロッパとアジアの若手建築家を紹介したEUとの共同巡回展「建築の新潮流」。全国の修士設計・論文の発表の場として2007年に発足した「トーキョー建築コレクション」。建築家たちの登竜門としてのヒルサイドテラスの活動を振り返る。

日時
2019年11月22日(金)18時30分〜20時
出演
隈研吾
栗生明
藤森照信
古谷誠章
槇文彦
(敬称略)
参加費
一般1,500円/学生1,000円
事前申し込み制
予約は2019年10月10日(木)から
共催
鹿島出版会
会場
ヒルサイドプラザ
東京都渋谷区猿楽町29
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク