山陰のモダニズム建築を巡るツアー 
菊竹清訓設計の登録文化財「東光園」「旧島根県立博物館」など

2019年10月19日(土)〜2019年10月21日(月)

1泊2日(もしくは2泊3日)で米子市、松江市、石見エリア(江津市、益田市)にあるモダニズム建築を巡ります。普段は見られない場所も特別に見学させていただきます!

1日目は日本を代表するモダニズム建築家、菊竹清訓(きくたけきよのり1928-2011)の代表作「東光園」(1964)の宴会場にて懇親会を行います。なお東光園の宿泊は室数が限られていますので、先着申込順といたします。(ガイドは菊竹事務所OB来間氏)

2日目は松江市に移動し、菊竹のモダニズム建築群を1日かけてじっくり巡ります。今年8月に登録文化財となった「旧島根県立博物館」(1959)、「田部美術館」(1979)、「島根県立図書館」(1968)を巡り、最後は「島根県立美術館」(1998)で美しい夕日を鑑賞します。当日は島根県庁周辺のモダニズム建築ライトアップイベント「結いとうろ」が開催中です。毎年3日間限定の幻想的な光景をぜひご覧ください。(ガイドは島根県職員の山本氏)

3日目は石見エリアに足を伸ばします。吉阪隆正設計の「江津市庁舎」(1959)、内藤廣設計の「島根県芸術文化センターグラントワ」(2005)などを訪れます。(ガイドは江津市職員、グラントワスタッフ)

建築に興味のある方ならどなたでもご参加いただけます。この機会に是非お申込みください。普段は非公開の場所を特別に見られる絶好の機会です!

日時
2019年10月19日(土)〜21日(月)
1日だけの参加も可能
集合場所
10月19日(土)15時 米子市公会堂 集合
参加費
詳細は下記PDFページをご覧ください。
http://accesspoint.jp/wp/wp-content/uploads/2019/08/schedule_shimane_20190904.pdf
主催
一般社団法人東京建築アクセスポイント
スポンサーリンク