シンポジウム「建築がいる美術と写真」
— 築土構木 —

2019年10月20日(日)

今回のシンポジウムは「建築がいる美術と写真」。サブタイトルに土木の語源の「築土構木」というキーワードを掲げ、自然災害が頻発する昨今、我々にとってどのように自然環境を見据え次の人間社会に建築をつなげられるかを語っていただこうという狙いです。 ゲストは美術家の岩崎貴宏さんと写真家の山岸剛さん。ナビゲーターに歴史家の本橋仁さん。皆さんのご参加をお待ちしています。

日時
2019年10月20日(日) 14:00~
出演
岩崎貴宏|美術家
山岸剛|写真家
本橋仁|歴史家
(敬称略)
定員
50名(事前申し込み制)
主催
ミサワホーム近畿株式会社
会場
徳正寺
京都市下京区徳正寺町富小路通四条下がる39
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク