令和元(2019)年度 住宅地持続創生セミナー
「地域に住み継ぐ知恵と仕組みを考える」 
第1回「住まい・空き家の多様な活用が地域を拓く」
— 多様性× 地域力による住まいの新しい可能性の創造 —

イベントは終了しています

2019年10月28日(月)

ハウジングアンドコミュニティ財団は、1992年の設立以来、豊かな住環境の創造に貢献することを目的として、NPO法人や市民活動団体に対し、延べ399 件の助成を行ってきました。

令和2(2020)年度の公募にあたり、住宅地の持続創生をテーマにしたセミナーを開催し、合わせて公募助成事業の説明会を行います。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

日時
2019年10月28日(月)13時30分~17時
出演
全体挨拶 一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団

基調講演
「地域に住み継ぐ─住まいとまちとコミュニティの新しい関係」
大月敏雄|東京大学教授

活動紹介1
「空き家カフェが「貸し手」と「借り手」を直接つなぐ地域密着プロジェクト」
橋爪大輔|大阪市生野区空き家活用プロジェクト

活動紹介2
「郊外戸建住宅地の住まいと暮らしを支える住民主体の地域まち育て活動」
丸尾恒雄|NPO法人タウンサポート鎌倉今泉台

活動紹介3
「地域福祉施設に空き家を転用する─その取り組みから見えてきたもの」
辻 利夫|認定NPO法人まちぽっと

(敬称略)

参加費
無料
定員
130名(事前申し込み制)
主催
一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団
後援
国土交通省、公益社団法人日本都市計画学会、公益社団法人都市住宅学会
会場
御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター ROOM C
東京都千代田区神田駿河台4-6
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク