特別講演 東京地下ラボ PRESENTS
クリエイティブの力で都市インフラの未来を考える 
~見えないものから見えるものまで~

イベントは終了しています

2019年10月17日(木)

東京都下水道局は、カンヌ国際広告賞をはじめ、多数の広告賞を受賞しているライゾマティクス・アーキテクチャーの齋藤精一氏と、グッドデザイン賞など、国内外のデザイン賞を数多く受賞しているNOSIGNER 代表の太刀川英輔氏をお迎えし、東京の未来について考える講演会「特別講演 東京地下ラボPRESENTS 『クリエイティブの力で都市インフラの未来を考える』~見えないものから見えるものまで~」を10月17日(木)に首都大学東京南大沢キャンパスにて開催します。東京都下水道局では、若者の下水道事業への関心を深めるためのプロジェクト「東京地下ラボ by 東京都下水道局」(以下「東京地下ラボ」)を平成30(2018)年度より実施しており、本講演会は「東京地下ラボ」のプログラムの一環です。

当日は東京の未来像や下水道をはじめとする都市インフラの未来の役割などについて、クリエイティブ、デザインなど、それぞれの専門領域を通して考え、アイデアをブレインストーミングします。

各界のプロフェッショナルが未来の東京について意見を交える一夜限りの会となりますので、ふるってご応募ください。

日時
2019年10月17日(木)19時~20時40分(開場18時30分)
対象
東京都内在住・在勤・在学の方
プログラム・出演
(1)東京地下ラボ、下水道局の取組について
(2)ゲストトーク(ライゾマティクス・アーキテクチャー 齋藤精一)
(3)ゲストトーク(NOSIGNER 代表 太刀川英輔)
(4)公開ブレインストーミング
(敬称略)
参加費
無料
定員
200名(事前申し込み制)
応募期限:10月10日(木)まで
主催
東京地下ラボ by 東京都下水道局
会場
首都大学東京 南大沢キャンパス 講堂小ホール
東京都八王子市南大沢1-1
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク