特別展「小出邸と堀口捨己 — 1920年代の創作活動、その造形と色彩 —」

2019年10月16日(水)〜2020年02月16日(日)

小出邸は、1925年(大正14)、小出収とその妻・琴の隠居所として、現在の東京都文京区西片に建設された木造2階建の住宅です。

屋根の造形や応接間の色彩が目を引くこの建物は、堀口捨己(1895−1984)がはじめて手掛けた住宅です。

堀口は、1920年(大正9)に結成された、日本初の近代建築運動である「分離派建築会」を主導し、建築における芸術的側面や美意識の重要性を問いかけ、生涯にわたりそれを追求した、近代日本を代表する建築家の一人です。

江戸東京たてもの園では、堀口の実質的なデビュー作である小出邸の歴史的価値に着目し、1997年(平成9)に移築、創建当初の様子に復したうえで、1998年(平成10)より公開・保存してきました。そして、2019年(平成31)3月、「日本的モダニズム建築の萌芽がみられる作品として貴重である」とその価値が認められ、東京都の有形文化財(建造物)に指定されました。

本展では、1920年代に堀口捨己が求めた造形と色彩に注目し、初期の堀口の主な活動や作品を紹介します。また、それらを通して小出邸の魅力をみつめなおし、堀口の創作の原点に迫ります。

日時
2019年10月16日(水)~2020年2月16日(日)
休み
月曜日 (注)月曜日が祝休日の場合はその翌日
年末年始(12月23日(月)~1月1日(水・祝))
入場料
入園料でご覧になれます。
入園料:
一般 400円/65歳以上の方 200円/大学生(専修・各種含む)320円/高校生・中学生(都外)200円/
中学生(都内在学または在住)・小学生・未就学児童 無料
主催
東京都
(公財)東京都歴史文化財団 江戸東京たてもの園
会場
江戸東京たてもの園
(東京都小金井市桜町3-7-1 都立小金井公園内) 会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク