三宅信太郎「ふと気がつくとそこは遊園地だった」

2019年11月16日(土)〜2019年12月14日(土)

この度小山登美夫ギャラリーでは、三宅信太郎の新作による個展「ふと気がつくとそこは遊園地だった」を開催いたします。本展は三宅にとって当ギャラリーにおける7度目の個展となります。

今回の作品は、遊園地をモチーフにペインティング、ドローイング、立体作品、またそれらの技法を組み合わせて、ドローイングの額に模様が彫られたり、前面のアクリル板に絵や文字が描かれたり、ペインティングのキャンバス枠の周りに段ボールや粘土の立体を配置したりと、新しい表現が織り込まれています。そんな平面、立体というジャンルが楽しく混在するような、三宅の自由で強烈な作品世界を展開いたします。

日時
2019年11月16日(土)〜12月14日(土)11時〜19時
休み
日・月・祝
入場料
無料
出展作家
三宅信太郎
(敬称略)
会場
小山登美夫ギャラリー
(東京都港区六本木6-5-24 complex665 2F)
会場の場所をGoogleマップで開く
三宅信太郎 Shintaro Miyake
Traveling Carnival
2019
115.5 x 204.3 cm
©Shintaro Miyake
スポンサーリンク