浜田和範 × 柴田元幸「フェリスベルト・エルナンデスへの案内係」
フェリスベルト・エルナンデス『案内係』(水声社)刊行記念

2019年11月06日(水)

《1950年にフェリスベルト・エルナンデスを読んでいなかったら、私は今日のような作家にはなっていないだろう》とガルシア・マルケスに言わしめたウルグアイの作家、フェリスベルト・エルナンデスをご存知でしょうか。今年6月に『案内係』(浜田和範訳、水声社)として作品集が翻訳されたことにより、日本ではじめて本格的に紹介されることになりました。

親密で謎めいた独自の世界をどこまでも追い求めるその作風は、ともすれば読者を戸惑わせる捉えどころのないもの。しかし一方でこの「誰とも似ていない作家」(イタロ・カルヴィーノ)が、数々の作家を魅了し、熱狂的なファンを獲得してきたのも確かです。

今回のイベントでは、本書の訳者・浜田和範氏と、翻訳の刊行される前からwebマガジン『考える人』でフェリスベトを紹介していた柴田元幸氏をお迎えして、本作の魅力を存分に語っていただきます。

この作家が大好きな方はもちろん、読みあぐねている方にとっては絶好の機会となる本イベントに、ぜひ足をお運び下さい。

日時
2019年11月6日(水)19時~21時(18時30分開場)
出演
浜田和範
柴田元幸
(敬称略)
参加費
前売1500円+ドリンク500円(共に税別)→2200円
当日2000円+ドリンク500円(共に税別)→2750円
会場
本屋B&B
(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F )
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク