祈りの造形 沖縄の厨子甕を中心に

2020年01月12日(日)〜2020年03月22日(日)

祈りによって生まれた優れた造形は、常に宗教的な実用性を宿しています。それは作り手に、己を超えた大きな存在や亡き者を自覚させ、慎み深さや畏れる心、謙虚さを導き出しました。そして他の工芸品に比べ、個人や作為が表れることを抑え、美との結縁をいっそう濃くさせたのです。今展では新受贈の厨子甕(ジーシガーミ)を中心に、世界各地で作られた「祈りの造形」を紹介します。

日時
2020年1月12日(日)~3月22日(日)10時〜17時(入館は16時30分まで)
休み
月曜(祝日の場合は開館し、翌日休館)
入場料
一般 1,100円/大高生 600円/中小生 200円
主催
公益財団法人 日本民芸館
会場
日本民藝館
(東京都目黒区駒場4-3-33)
  • 京王井の頭線「駒場東大前駅」西口から徒歩7分
  • 小田急線「東北沢駅」東口から徒歩15分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク