いま読み直す『歴史の進歩とはなにか』
哲学者・市井三郎没後30周年記念事業

イベントは終了しています

2019年11月10日(日)

岩波新書創刊80年記念復刊の1冊として、1971年に出版された市井三郎著『歴史の進歩とはなにか』が24年ぶりに再刊されました。人間の歴史は進歩していると言えるのでしょうか。あるいは、どのような問題が進歩を閉ざしているのでしょうか。真の歴史の進歩のために各個人ができることは何かを考えます。

講師に国際基督教大学教授の川本隆史さん(社会倫理学者)をお招きして、『歴史の進歩とはなにか』を読み直し、話し合うトークイベントを開催します。

日時
2019年11月10日(日)14時~16時
(13時15分受付開始・13時30分開場)
出演
川本隆史
国際基督教大学教養学部特任教授、東北大学名誉教授、東京大学名誉教授
(敬称略)
参加費
1000円(事前申し込み制)
主催
成蹊大学市井自主ゼミOB有志
神保町ブックセンター
会場
神保町ブックセンター
東京都千代田区神田神保町2丁目3−1
岩波書店アネックス 1F
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク