住宅課題賞特別企画トークイベント 
“住宅課題のこれまでとこれから” — 建築教育における住宅課題の可能性を考える —

2019年11月29日(金)

「住宅課題賞」は、建築を学ぶ学生が建築の基本である住宅の設計を通して、建築への興味とその社会的な意義の認識を深めるとともに、大学間、第一線の建築士の交流によって建築教育の情報交換と向上を図る目的で企画しています。この住宅課題賞の入賞・入選作品を公開展示することにより、建築に携わる方々への新鮮な刺激とし、より多くの人々に建築文化を広げる機会とするため、毎年開催しています。公開審査では8点の入選作品を選出していますが、それを補完し学生に出題教員や指導教員の意図や求められている建築への取組み等への理解を深めてもうらうことを目的としています。昨年に続き今年も住宅課題賞2019入選作品展の会期中に合わせて、住宅課題の出題教員・指導教員の皆様を招きパネルディスカッションを開催し、これからの住宅課題について大いに議論します。

日時
2019年11月29日(金)15時~17時(受付開始 14時30分)
出演
大月敏雄(東京大学大学院工学系研究科建築学専攻教授)
曽我部 昌史(神奈川大学工学部建築学科教授/みかんぐみ)
冨永祥子(工学院大学建築学部建築デザイン学科教授/福島加津也+冨永祥子建築設計事務所)
布施 茂(武蔵野美術大学造形学部建築学科教授/fuse-atelier)
古澤大輔(日本大学理工学部建築学科助教/リライト_D)

司会進行
佐々木龍郎(一般社団法人東京建築士会理事/株式会社佐々木設計事務所主宰/株式会社エネルギーまちづくり社)

(敬称略)

参加費
無料
定員
100名(事前申し込み制・先着順)
主催
一般社団法人東京建築士会
会場
竹中工務店 東京本店2階 Aホール
東京都江東区新砂1-1-1 竹中工務店東京本店内2階
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク

関連アーカイブ