なごや建築祭 シンポジウム「市民と考える名古屋の未来」

2019年12月01日(日)

縮小時代は人手不足や高齢化といった問題を浮き彫りにし、次世代へ、様々なモノゴトの継承を困難にします。革新的な技術は新しい社会システムを生み出し、古い技術を消し去る。アートは時代を純粋に反映し表現される。建築、都市はスクラップ・アンド・ビルドから活用の時代に向かっている。特異な時代に何を伝えるのだろうか。建築・技術・文化から継承を議論します。

日時
2019年12月1日(日)13時〜16時(12時30分開場)
出演
倉方俊輔|建築史家・大阪市立大学准教授
後藤泰男|INAXライブミュージアム主任学芸員
田中武憲|名城大学経営学部 教授・ものづくりマネジメントシステム研究センター長
小栗康寛|考古学者・とこなめ陶の森 学芸員
(敬称略)
参加費
1,000円
申し込みページ
https://ngy-kenchiku-matsuri191201.peatix.com/
主催
愛知建築士会 名古屋6支部
会場
デザインホール
愛知県名古屋市中区栄3-18-1 デザインセンタービル6F
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク