本屋がアジアをつなぐ!?〜韓国、台湾、香港、そして日本の現場から〜

イベントは終了しています

2019年11月15日(金)

出版ジャーナリストの石橋毅史の新刊『本屋がアジアをつなぐ』(ころから)刊行記念トークイベントを開催。

出版業界紙『新文化』編集長などを務めた石橋が、国境をひとつ越えた韓国、台湾、香港をめぐるなかで見いだした「本屋が町に必要な理由」を描いたルポの裏側を語ります。

特に香港を揺るがす「逃亡犯条例」改訂によって渦中の人となった、元書店員の林栄基さんとの出会いは、日本の過去と未来の書店の姿を写しだすよう。

本書にも登場する福嶋店長が聞き手となって、東アジア圏における「本屋不死」の物語を体感する好機です!

日時
2019年11月15日(金)18時30分~20時
出演
石橋毅史|出版ジャーナリスト
聞き手:福嶋聡|ジュンク堂書店難波店店長
(敬称略)
参加費
無料
定員
30名(事前申し込み制)
会場
ジュンク堂書店 難波店
大阪府大阪市浪速区湊町1-2-3 マルイト難波ビル3階
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク