下関の建築文化を考える講演会&シンポジウム 
未来に残すべき建築~モダニズム建築の継承のために~

2019年11月30日(土)

近年、モダニズム建築の存続が、全国的な話題に上ることが多くなっています。都城市民館(1966年/菊竹清則氏設計)、香川県立体育館(1964年/丹下健三氏設計)は解体の危機にあり、一方で神奈川県立近代美術館(1951年/坂倉準三氏設計)は鎌倉文華館ミュージアムとして保存されました。

ここ山口県でも、下関市においては既に下関市庁舎(前川事務所田中誠/1955年建設)、火の山展望台(菊竹清訓設計/1973年建設)が解体され、今も坪井善勝氏設計の名作、「下関市立体育館」(1963年建設)が、老朽化、耐震不足を理由に建替えられようとしています。

坪井氏は、東京大学名誉教授であり、丹下健三と協働し国立代々木競技場や東京カテドラル聖マリア大聖堂などの傑作を生み出した構造家で、昭和42~43年には建築学会会長も務められています。私たちは、山口県の戦後の復興、発展と共に歩んできたこれらモダニズム建築の度重なる解体に対し、これまで各地域で築き上げられた建築文化が衰退するという危機感を持たざるを得ません。

このため、建築学会中国支部では、下記のような戦後モダニズム建築の保存活用に関する基調講演及びシンポジウムを実施し、もってモダニズム建築の果たしてきた役割とその魅力や文化的価値を再考し、更には未来に残すべき建築の保存、再利用の可能性を、市民と共に考えたいと思います。

日時
2019年11月30日(土)13時30分~16時
プログラム・出演
(1)基調講演「愛される建築」
竹山 聖|建築家・京大建築学科教授

(2)シンポジウム「(仮称)未来に残すべき建築」
司会進行:原田正彦|日本建築学会中国支部山口支所長
パネリスト:
平野祐一|建築家/平野地域計画主宰
今村剛浩|建築家/IRA建築設計事務所主宰
岡松道雄|山口大学感性デザイン工学科教授
(敬称略)

参加費
無料(事前申し込み制)
申し込みページ
http://j.mp/35MU84q
主催
日本建築学会中国支部
協力
NPO法人まちのよそおいネットワーク&山口近代建築研究会
会場
海峡メッセ下関 10階 国際会議場
山口県下関市豊前田町3-3-1
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク