PUBLIC HACK × PLACEMAKING
「まるたす広場」報告書をケースに、これからの駅前広場を、「使われる」公共空間の視点で考える

2019年12月03日(火)

本トークイベントでは、まちなかにおける“PUBLIC HACK”の実現を展望する上で、公共空間に関する他の取組方策と対照し、さらに実際に施策を適用する公共空間を具体的に仮説し、その可能性や課題について議論を展開します。
今回の相手は「プレイスメイキング アクティビティ・ファーストの都市デザイン」の著者の園田聡氏。選んだケーススタディは南千里駅前広場「まるたす広場」(平成31年4月開業)で関西大学住環境デザイン研究室が取り組んだオープニングイベントの報告書。
報告書に示された計画検討・現場の管理運営・調査分析から得られた知見・考察を“PUBLIC HACK”、“PLACEMAKING”と照らし合わせて、駅前広場が将来にわたって市民に愛され使われるために何が求められるのか、参加者のみなさんとも意見を交わし合いながら一緒に考えたいと思います。

PUBLIC HACK…
公共空間において、個人が自分の好きなように過ごせる状況が実現すること。賑わいづくりとは異なる、そのまちらしい魅力をもたらすアプローチ

PLACEMAKING…
都市空間において愛着や居心地の良さといった心理的価値を伴った公共空間を創出する協働型のプロセス・デザインの理念および手法

日時
2019年12月3日(火)18時~20時頃(開場17時30分)
出演
笹尾和宏|水辺のまち再生プロジェクト事務局
園田 聡|有限会社ハートビートプラン
平松孝介・堀裕貴他|関西大学 住環境デザイン研究室
(敬称略)
参加費
1,000円
予約優先、予約方法は下記詳細ページをご覧ください。
主催
水辺のまち再生プロジェクト
共催
関西大学住環境デザイン研究室
吹田市花とみどりの情報センター
会場
江坂花とみどりの情報センター展示スペース
大阪府吹田市江坂町1丁目19-1(江坂公園内)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク