デンマークのサステナビリティ建築の現在

イベントは終了しています

2019年11月12日(火)

世界中で大規模な自然災害や気候変動が問題となっている今、「いかに環境に配慮した、サステナブル(持続可能)な形でビジネスをしていくか」ということは、さまざまな業界でテーマとなりつつあります。
建築・設計業界でも、これまでのように「つくっては壊す」ということを繰り返すだけでなく、計画の段階で「いかに環境に負荷がかからない、持続可能な建物を作るか」ということは今後さらに重要なテーマとなってくるでしょう。 
 
今回は環境先進国デンマーク・コペンハーゲンでサステナビリティをテーマに掲げる建築設計事務所で働く2人をゲストにお招きします。
2人が実際に関わったプロジェクト事例から、どのようなプロセスで環境に配慮した建築物が作られているのかを具体的にレクチャーします。エネルギーを専門分野とする蒔田さんからは自然の力を利用した省エネルギー設計について、マテリアルを専門分野とする山下さんからは資源の循環、建材のリサイクルについてお話いただきます。

また「世界一幸福な国」と呼ばれるデンマークの社会で働く2人から、プライベートな時間を大切にしながらも効率のいい働き方はどのように生まれているのか、異なる事務所同士でチームを組んで協業することが多いデンマークのチームビルディングの話など、働き方に関するトピックにも触れていく予定です。

日時
2019年11月12日(火)19時〜21時
出演
蒔田智則
山下朋文
(敬称略)
参加費
一般 2,000円/学生 1,000円
定員
30名(事前申し込みを推奨)
下記詳細ページよりお申し込みください。
主催
MIDORI.so
会場
MIDORI.so 永田町
東京都千代田区平河町2丁目5-3 Nagatacho GRID 5F
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク