公園におけるインクルーシブな取り組み — オーストラリアと日本の事例から —

2019年12月11日(水)〜2019年12月13日(金)

World Urban Parksジャパンと(一財)公園財団は、今年12月に東京と大阪にて、「公園におけるインクルーシブな取り組み -オーストラリアと日本の事例から-」をテーマに、令和元年度海外情報講演会を開催いたします。

今年度は、オーストラリアよりDeborah Prentice 氏(Parks Victoria, Diverse Communities Coordinator)をお招きし、オーストラリアの公園におけるインクルーシブな取り組み事例について、ハード、ソフト両面からお話しいただきます。

さらに、インクルーシブな遊び場づくりの現状と今後について、柳田宏治氏(みーんなの公園プロジェクト代表/倉敷芸術科学大学教授)よりご報告いただきます。

各会場とも定員に達し次第締め切りとなりますので、お早めにお申し込みくださいますようお願いいたします。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

出演
講演「オーストラリアの最新の公園事情」
Parks – a Place for All to Play(逐次通訳 質疑応答含め100分間)
デボラ・プレンティス|Parks Victoria

事例報告「インクルーシブな遊び場づくりの現状と今後」
柳田宏治|みーんなの公園プロジェクト代表/倉敷芸術科学大学教授

トーク
デボラ・プレンティス × 柳田宏治
(敬称略)

主催
World Urban Parks ジャパン
(一財)公園財団

東京会場

日時
2019年12月11日(水)13時30分~16時30分
会場
日比谷図書文化館 B1F 日比谷コンベンションホール(大ホール)
定員
100名(事前申し込み制)
申し込み方法は下記詳細ページをご覧ください。
参加費
一般2,000円

大阪会場

日時
2019年12月13日(金)13時30分~16時30分
会場
大阪科学技術センタービル 会議室401号室
定員
100名(事前申し込み制)
申し込み方法は下記詳細ページをご覧ください。
参加費
一般2,000円
スポンサーリンク