第10回代官山人文カフェ
荒木優太 × 三浦隆宏「在野=生きる場で研究することの魅力とは?」
『在野研究ビギナーズ』(明石書店)・『生きる場からの哲学入門』(新泉社)刊行記念

2019年12月07日(土)

奇遇にもほぼ同時期に二冊の趣旨を同じくする本が刊行されました。

ひとつは『在野研究ビギナーズ 勝手にはじめる研究生活』(明石書店)で、もうひとつは『生きる場からの哲学入門』(新泉社)。
そして前者の編者・荒木優太さんと後者の寄稿者・三浦隆宏さんは、ともに過去に代官山人文カフェで話題提供者/進行役を担ったことがあるというこれまた奇遇な縁が。 ロールズ論が高く評価された在野の文学研究者と哲学書よりも小説のほうが好きな哲学研究者とが、奇妙なニアミスを経て初めての邂逅。在野=生きる場で研究することの魅力について話し合います。

日時
2019年12月7日(土)19時~21時(15分前に開場)
出演
荒木優太
三浦隆宏
進行役:奥田太郎
(敬称略)
参加費
・書籍『在野研究ビギナーズ』+イベント参加券セット 2,480円
・書籍『生きる場からの哲学入門』+イベント参加券セット 2,920円
・イベント参加券 1,100円
定員
40名(事前申し込み制)
主催
代官山 蔦屋書店
共催
明石書店・新泉社
会場
代官山 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
(東京都渋谷区猿楽町17-5)
東急東横線「代官山駅」より徒歩5分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク