令和元年度エリアマネジメント実務勉強会

2019年11月19日(火)

近年、エリアマネジメントの取組みの本格化・多様化がすすみ、全国に500を超える組織が生まれているとされ、その裾野拡大のためには先進的な取組事例の紹介は不可欠です。

他方、我が国の既往の事例紹介等については、組織・官民の役割・活用される制度の整理などにとどまる例が多く、実務を見据えた詳細かつ分かりやすい分析が示される例は少なく、また、エリアマネジメントを根幹から支える人材育成についても、公共空間の運営やイベント企画などごく一部について取り上げる例がほとんどです。

そのため、今年度の勉強会は、具体的な「エリアマネジメント・ケース」、とくに「組織・財源、成果・課題」などに焦点をあて、エリアマネジメントのプロセスに沿った総合的な論点整理を行い、官民のまちづくりの実務者にとって効果的な研修を提供したいと考えています。・学識経験者や現場の実務者等による双方向のオープントーク等を行い、エリアマネジメントに求められる具体的な人材像についても明らかにすることを目指します。

日時
2019年11月19日(火)13時~17時
出演
保井美樹|法政大学教授、全国エリアマネジメントネットワーク副会長
三浦良平|都市局まちづくり推進課官民連携推進室長
名畑 恵|錦二丁目エリアマネジメント株式会社代表取締役(愛知県名古屋市)  
中 裕樹|森ビル株式会社タウンマネジメント事業部虎ノ門ヒルズエリア運営グループ(東京都港区)  
岡部青洋|多治見まちづくり株式会社(愛知県多治見市)  
奥河洋介|一般社団法人まちのね浜甲子園 事務局長(兵庫県西宮市)
参加費
一般500円(事前申し込み制)
申し込み方法は下記詳細ページをご覧ください。
主催
一般財団法人都市みらい推進機構
都市計画学会エリアマネジメント人材育成研究会
会場
TKP市ヶ谷カンファレンスセンター カンファレンスルーム 3C
東京都新宿区市谷八幡町8番地 TKP市ヶ谷ビル
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク