土木コレクション2019

イベントは終了しています

2019年11月14日(木)〜2019年11月17日(日)

「TOKYO」って、どんなイメージ?

安全で、便利で、快適。世界最先端の高い生活水準を誇る世界都市だと答える人は多いでしょう。でも昔からそうだったわけではありません。江戸城が明け渡された1868年の5年前、ロンドンでは地下鉄(The Tube)が開業していました。明治の文明開化を経て近代国家への仲間入りを目指してから150年。我が国は地震や戦争、災害など、幾度となく迫る苦難に直面してきました。しかし、そのたびに乗り越えてTOKYOは進化してきたのです。街を便利に楽しめる地下鉄、火災の延焼を防ぐ幅の広い道路、台風から身を守る安全な川や、日本の経済を動かす高速道路や新幹線–。先人たちの努力の結晶が、今も残っています。

そんなTOKYOで、1964年以来2度目となるオリンピックが来年2020年に開催されます。オリンピックの本番前にぜひ皆さんに知ってほしいのが、開催を裏で支えるそんな「インフラ」の存在です。
「インフラ」は皆さんの生活を24時間365日支え続けています。存在が当たり前すぎて、普段は意識することもほとんどないのではないでしょうか? しかし、異なる時代に造られたインフラが、実は綿密な計画の下でそれぞれが折り重なってTOKYOを機能させています。

土木コレクションでは、土木界が保有する、普段目にすることができない貴重な映像や写真、図面、歴史資料の数々を毎年、展示・公開しています。今年の開催では2つのオリンピックを軸に、「イントロ/軌跡」「戦前〜戦後/世界都市東京の夜明け」「1964/東京オリンピック前夜」「その後/TOKYO2020に向け」という4つのゾーンに分けて、社会背景とともにインフラの魅力をお伝えしたいと思っています。
過去から未来へと脈々と受け継がれてきた土木の蓄積とともに、変貌を遂げてきたTOKYOをぜひ実感してもらえれば幸いです。

日時
2019年11月14日(木)〜17日(日)8時〜21時
ただし、初日は13時から、最終日は17時まで
入場料
無料
どぼくカフェ(一般向け講演会)
第一回
11⽉14⽇(木)18時~19時
家田 仁(政策研究大学院大学教授)
赤羽弘和(千葉工業大学教授)
「東京オリンピック・パラリンピックと交通、そして私たちの役割」

第二回
11⽉15⽇(金)18時~19時
磯 達雄(建築ジャーナリスト)
宮沢洋(日経アーキテクチュア編集長)
「建築に見る五輪都市トーキョー」

第三回
11⽉16⽇(土)13時~14時
小野田 滋(鉄道総合技術研究所 情報管理部担当部長)
「首都トウキョウを支えてきた鉄道構造物」

第四回
11⽉16⽇(土)14時~15時
土屋信行(リバーフロント研究所 技術参与)
「首都高速道路はなぜ日本橋の上空に架橋されたか!!」

第五回
11⽉16⽇(土)15時~16時
片桐由希子(首都大学東京助教)
「東京の都市インフラとしてのランドスケープ」

第六回
11⽉17⽇(日)13時~14時
紅林章央(東京都建設局 橋梁構造専門課長)
八馬 智(千葉工業大学教授)
「東京の橋」

第七回
11⽉17⽇(日)14時~15時
古川公毅 (元東京都建設局長)
「東京の都市計画道路―1964年と2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた首都高速道路と街路―」

第八回
11⽉17⽇(日)15時~16時
大山 顕(フォトグラファー/ライター)
高橋良和(京都大学教授)
「祝祭・災害が形づくるドボク」

※諸事情により、登壇者・テーマ等が変更になる場合がございます。予めご了承願います。
(敬称略)

主催
公益社団法人 土木学会
会場
新宿駅西口広場イベントコーナー(JR新宿駅西口)
スポンサーリンク